千代田珈琲 珈琲を愛する職人たちの想いと美味しい珈琲をお届けしたい
行麿ブレンドとは
素材へのこだわり
ブレンドへのこだわり
アフターブレンドへのこだわり
風味期限というこだわり
贅沢珈琲 桐の花とは
ご注文はこちら
千代田珈琲が飲めるお店
珈琲の淹れ方
特定商取引に基づく表示
会社概要
HOME風味期限というこだわり
■風味期限というこだわり

美味しくなければ「贅沢珈琲」とは呼べない。〜「風味期限」という新しい基準〜

コーヒー珈琲の命は「風味」と「香り」。私たちはそう考えます。
  一般 の珈琲はコストの関係から、200g〜1kg/袋で1〜2年の賞味期限を設定しています。開封しなければ、珈琲の味は半年、1年ではあまり変わりません。変わるのは風味と香りです。
高品質、少量生産の「贅沢珈琲」をお届けする私たちは、50g/袋の少量包装を採用。
さらに「風味期限」という新しい基準を取り入れました。製造年月日から2カ月を「風味期限」とし、珈琲本来の風味と香りが生きているうちに、できるだけ飲み切っていただきたいと考えているからです。
  尚、風味期限が切れたものは、返品していただければ無料で新しい商品と交換させて頂きます。
※送料はお客様のご負担となります。

[HOMEへ戻る]
お問い合わせはこちらまで
Copyright (C) 2004 Chiyoda Coffee Corporation. All Rights Reserved.